「マイナンバー」提出なくても罰則なし 11/22京都市申し入れ

 

%e4%ba%ac%e9%83%bd%e5%b8%82%e4%ba%a4%e6%b8%89%e3%80%80%e7%94%b3%e3%81%97%e5%85%a5%e3%82%8c%e6%9b%b8

11月22日に、民主商工会の市内協議会として中小業者の営業とくらしを守る施策の充実を求める11項目を京都市に申し入れました。
マイナンバー制度や、住宅リフォーム助成制度の創設や融資の拡充、国保料の引き下げなを求めて2時間ほど懇談しました。特に、マイナンバー制度については事業主への負担が大きいことや「マイナンバーを人に知らせたくない」という人の権利を守ることなどのやり取りの中で、京都市は「個人番号(マイナンバー)の提出がなくても罰則はない」と回答しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です